葬儀を業者任せにしたくないからこそ知って下さい、葬儀のこと。
sou葬儀.com

葬儀の種類2

自分で葬儀の事を考える、ということはある意味とても勇気のいることだと思います。自分が死ぬと言うことを受け入れなければ考えることは出来ませんから。ですが、自分が亡くなった後など、どんな葬儀にして欲しい、ということは考えていても損はないと思います。このページでは、色々な葬儀の種類を紹介していますので、参考にしてみるのも良いかと。勿論、ここに書いてある葬儀の種類以外にも自分のして欲しい葬儀方法があるなら提案してみたり(しづらいとは思いますが)ノートに書いてみたりするのもまた良いかもしれません。

 

無宗教葬、偲ぶ会(お別れ会)、ホテル葬

無宗教葬というのは、その名の通り、宗教者を招かないで宗教色を無くした束縛の無い自由な形で行う葬儀に対して「無宗教葬」と称しているようです。この場合は葬儀と言うよりも告別式といった感じで事が運んでいくようです。このような場合線香を立てることはあまり無く、献花を行うというのが一般的のようです。祭壇には花や、故人の遺影を飾って、ゆっくりとした空気の中で音楽を流したりすることが多いようです。

無宗教で行う告別式のことを、告別式とは呼ばず一般的に偲ぶ会、やお別れ会と称して呼ぶらしいです。また、この偲ぶ会やお別れ会は、ホテルやレストランを貸し切って行うこともあり、ホテルのホールなどを貸し切って行う葬儀、告別式などはホテル葬などと呼ばれているそうです。

 

自由葬、音楽葬

従来のお堅い葬儀方法に一切こだわらず、自由な考えと発想の元行う葬儀の事を自由葬と呼びます。また、自分の考えで全てプロデュースする場合はプロデュース葬などと呼んだりするそうです。これらの葬儀方法の場合は、無宗教で行う場合もありますが、一概にはそうでもなく、僧侶を呼んでお経を読んでもらう場合もあります。

葬儀の際に生前に好きだった音楽を流しながら献花では無く献歌を行う場合は音楽葬と呼ぶそうです。因みに管理人は音楽が好きなので自分が亡くなったときは是非音楽葬で弔って欲しい物です。

Favorite

フォトウェディング 千葉

Last update:2018/3/23