葬儀を業者任せにしたくないからこそ知って下さい、葬儀のこと。
sou葬儀.com

葬儀とは

葬儀の知識を皆様に紹介する前に、まずは基本中の基本である、葬儀とは何なのか。ということについて知ってもらわねばなりませんね。東京や埼玉など今の葬儀社はとても丁寧でスピーディに準備をしてくれるので、あまり深く考えたことはないかもしれません。葬儀という名前だけでしたら、誰でも知っていると思います。ですが、葬儀とはどういう意味なのか。と聞かれたらあなたは答えることが出来ますか?まさか、「葬式のこと」とか言ったりしませんよね?それでは葬儀と意味が変わりませんし。葬儀のことについて聞かれてもしっかりと意味を答えられるように良い機会ですからこのページでしっかりと勉強していって下さい。

まず、葬儀の名前についてですが、これは正式な名称ではございません。恐らく知らない人も多いと思われますが、葬儀というのは、「葬送儀礼」という言葉を略して「葬儀」と呼んでいるのです。日本の文化の中で儀礼というのは、目には見えないもの、神様仏様、故人や自然など、霊的な物への一種の礼拝として考えてもらっても良いでしょう。

元々葬儀というのは、僧侶がお経を読み上げて、家族や親族などが中心となって取り仕切り、行うのが本来の葬儀の姿とされています。葬儀の際に盛大に飾り付けなどをして行う人なども居ますが、必ずしもこういったデコレーションをしなくても構いません。というか、葬儀というのは、亡くなった人の遺骨さえあれば、問題なく行うことが出来るのです。とは言いましても、やはり亡くなった人の為にも出来るだけ最期のもてなしを行ってあげたいですよね。

現在はあまり違和感がない告別式。葬儀を行う際には当たり前のように行っていますよね。というか告別式を行うのが当たり前のようになっていると思います。葬儀と同時進行で行ったりするくらいですし。ですが、それは少々誤った、というと語弊があるのですが、告別式というのは、別に無くても良い儀式なのです。本来、告別式というのは、宗教儀礼において考えると、全く必要な物では無いのです。告別式は、故人が、生前にお世話になった人達への別れを、葬家が代わりに行うという物であって、告別式と葬儀は、別の物として考えてもらっても構わないのです。

ひとまず考えるべき事は、家族と親族が、葬儀をどのような形で執り行うかということで、告別式を行うかどうかというのもこのような考えの中であっても無くてもそれは葬家の考え方の一つなのです。ですが、最近ではそのような考え方も薄まり、葬儀業者は、葬儀の部分のみを「家族葬」と例えているところが多いようです。このような考え方に至る経緯として、日本の高齢化が挙げられます。仕事を引退しても有り余るくらい寿命があるので、その間に人間関係が疎遠になり、結果的に家族や特定の人達の間でひっそりと行われることが多くなってきているようです。長寿大国と言われている日本ですが、そこを考えてみると、少し悲しい気もしますね。寿命が長くなると言うことは、1人の時間も長くなる、と言うことですかね。

pickup




最終更新日:2019/3/19